【セミナー案内】「最後の楽園カンボジアで日本人街を創り上げた秘話」

2015年最初に聴くセミナーはこれ!
「最後の楽園カンボジアで日本人街を創り上げた秘話」

☑今の仕事が先行き不安で、発展性のあるビジネスの情報が知りたい
☑アジア進出に興味はあるが、具体的に何をしたらよいかが分からない
☑夢と儲けを共に手にできる仕事をしたいと思っているが、情報が来ない
☑世界が今、どう動いているのか?最新の情報を手に入れたい
☑本当に信頼できる仲間が欲しいが、損得だけの人にしか会えない
☑カンボジアに興味はあるが、現地の情報が手に入らない


ひとつでも思い当るなら、新しい年の門出を名古屋和僑会から始めてください。

日時:平成27年1月7日(水)18:30開場 19:00開始
場所:ウインクあいち 1104号室
アクセス方法:http://www.winc-aichi.jp/access/
会費:会員3,000円 一般5,000円 学生2,000円
(※事前振込頂きました方は、会費を1,000円引きとさせていただきます。)
懇親会:20:30~別会場にて開催
参加費:4,000円
お申込みの際に、こちらも併せてお振込みくださいませ。

受付は終了いたしました。

「カンボジアの魅力」について、あなたは友人に熱く語られた経験はありますか?
たぶん、10人中9人は耳にしたことすらないと想います。

新しい年、あなたは10人に1人のチャンスを手に入れてください。
それほどホットで興味深い、ナマの情報が和僑会ネットワークから飛び込んできています。



「最後の楽園カンボジアで日本人街を創り上げた秘話」

カンボジアと聞いて何を連想されるでしょうか?
アジアの貧しい国? 内戦で国が乱れてる? 地雷が埋まっていて危ない?


現地に住んで3年 今回の講師にお呼びした「黒川治郎氏」は語ります。

「発展著しいASEANの中において、過去10年のGDP成長率が7.95%とASEANトップ、
平均年齢25歳という活力をイメージしてみてください。
そのポテンシャルは、沈みゆく日本であくせく仕事をする理由を打ち消してしまいますよ」

建設ラッシュに湧くプノンペン
「特に首都プノンペンの発展はめざましく、この6月には「イオンモール」がオープン!!
大手飲食チェーン店をはじめ日系企業が続々と進出しています。」

イオンモール
情報を制する者はビジネスを制す!!

平成27年 輝かしい新年を、あなたの飛躍の年としてください。

お申し込みはこちら
受付は終了いたしました




現地の魅力を語る講師を紹介します。

カンボジア プノンペン和僑会会長
  黒川治郎氏

現地での経験により、現在までに400名を超す実業家をカンボジアに招いた実績
誰も思いつかなかった「日本の農業」をカンボジアに取り入れた革新性
プノンペンのど真ん中に、9店舗の日本のお店が軒を連ねる『絆ストリート』を創設

絆ストリート
絆ストリートは現地の新聞「プノンペンポスト」に大きく取り上げられました。
http://hugs-int.com/seminar/image/Phnom%20Penh%20Post.jpg


日本のマスメディアでは、
『Eテレ 和僑(わきょう)~アジアで見つけるボクらの生き方~』に出演
 2014年4月5日放送

『グローバルBIZジャーナ ル』新建新聞社(株)
 2014年3月号掲載

『海外で働こう世界へ飛び出した日本のビジネスパーソン』幻冬舎
 2014年3月20日発行

と日本からの注目も浴びています。


●黒川治郎氏 プロフィール


HUGS Co.,Ltd. 代表取締役
カンボジア プノンペン和僑会会長

1979年1月、イラクのバグダッドで生まれる。
1歳の時イラン・イラク戦争が勃発し日本に帰国。
学生時代はプロサッカー選手を目指しイギリスに留学する。
27歳で起業し、東京都内で飲食店やゴルフスクールなど複数店舗を経営。
その後著しい発展を遂げるアジアに目を向け、2010年にカンボジアを訪問。
同年にカンボジア現地法人HUGS Co.,Ltd.を立ち上げる。
2011年より家族と共にカンボジアへ移住。
プノンペンに9店舗の日本の店が集まる「絆ストリート」(Japanese street)を創る
グループ会社にて農業やITなど様々な事業を展開する。
現在までに400名を超える経営者をカンボジアに導き、
日本企業のカンボジア事業進出支援を積極的に行っている。

絆セミナーvol.3
●セミナー内容
・カンボジア概要
・急成長を遂げるカンボジア経済
・カンボジア進出のメリット・デメリット
・中小企業のカンボジア進出の現状
・プノンペンにおけるビジネス・生活事情
・カンボジア進出支援内容のご紹介


お申し込みはこちら
受付は終了いたしました。



●お客様の声

株式会社アローシステムズ
瀬谷 幸徳 様

■進出セミナーについての感想
2013年3月に、HUGS黒川社長のセミナーを受講させて頂き、
カンボジアの実情を初めて知ったのが本音です。
黒川社長の真剣な眼差しと説明に感服し、一度視察をしてみる価値有りと判断し、
視察ツアーへの参加を決めました。IT関連では、ベトナム、ミャンマーへの視察は
各団体が実施しており、「どこかで」と思っていましたが、
このセミナーを受けたことによって、初めに「カンボジア」からと決めていました。



■カンボジア視察ツアーについての感想
2013年5月の視察ツアーへ参加しました。まずシェムリアップの農地視察からツアーが始まりました。
第一印象は、ここには何かがある!若い人々、子供達の瞳をみて、
これから、自分にできる事があるのではと思いました。
HUGSオフィスでCEO北浦健吾さんより、HUGSの設立までのお話と現状の説明を聞き、
自分達の手で開拓し農地を作り、地雷対策にも支援している話、他にも色々な話を聞き、
カンボジアへの真剣な取組みを知り、将来、農作物のキャツサバへの支援も視野に入れる事もできました。
プノンペンは、日本の飲食店の出店が多くなってきており、日本食が広がってきている状況を実感し、
現地の方々が日本人経営の会社で働きたいという声も聞き、ますます日本からの進出は必要だと感じました。
私が経営するのはIT企業であり、即にカンボジアで事業を推進しているIT企業もありますが、
まだまだ、チャンスは有りと判断して、7,9月で調査の上、12月から事業の開始を決定しました。
現地採用では、HUGSの支援により優秀な人材の採用ができ、HUGSの総合力には感謝しています。



株式会社 タツミエンタープライズ
株式会社 フィットコーポレーション
勝俣 充徳 様

■進出セミナーについての感想
三原社長のご紹介で、新宿にて黒川社長のセミナーを受講させて頂きました。
立派な活動とパンフレットを拝見させて頂きましたが、当初は50%程しか信用しておりませんでした。
但し、黒川社長の紳士的な作法・しぐさ・営業的センス等は好感を持ち、
とりあえず現場を見てから判断しようと正直思いました。
その時点では、カンボジアの国そのものに、大きな魅力は感じておりませんでした。
むしろインドネシアでの事業計画を進行中でしたので、正直な話そのついでの感覚でした。
但し、日本の若者がカンボジアでボランテイアを含めた事業運営をされている事を拝見し、
大変頼もしいし尊敬の念を感じましたが、本当の事なのかは現地へ行ってからの判断となりました。

■カンボジア視察ツアーについての感想
車で3時間近い山奥で、現地の住民の方々を雇い、気の遠くなるような開墾から植え付けまでの現場を視察させて頂き、
事業の利益はともかくとして、カンボジアの山奥の多くの人々を雇う姿と、取りまとめている姿に、感銘を受けました。
よって、現地を拝見し、ツアー中にてキャッサバの事業には即協力させて頂く事を意思表示させて頂きました。
また、カンボジアの将来性(伸びシロ・人口ピラミッド等々)を感じて、インドネシアでの事業計画を中止し、
カンボジアに弊社の子会社設立を決心しました。HUGS社の協力で、本年3月に設立が完了し、
キャッサバ事業と並行して、来年には飲食事業の開店を目指しております。



リックグループ
石塚 信司 様

■カンボジア視察ツアーについての感想
視察ツアーに参加して、とにかく良かったことは、 今海外へ目を向けていらっしゃる同業経営者の方々から
たくさんの刺激を受けたことです。
普段はお話してもらえない内容でも、とにかくいろいろ本音で話してもらえたことが最高の収穫になりました。
また現地では、孤児院の子供達や農民の暮らしぶりや食生活を、実際見たり体験したりしながら、
ナマのカンボジアが知れた事が、とても勉強になりました。
海外視察で大切なのは、やはりコーディネターです。 このツアーでは現地に住んでいらっしゃる日本人達が、
既に築いていらっしゃる現地の人脈をフル動員して案内していただけますので、
短期間でも満足度の高いツアーを体験出来ると思います。
まずはカンボジアを見てきてください!今後のヒントが何か見つかるはずです!


お申し込みはこちら
受付は終了いたしました。